パピークラス(しつけ教室)日記

  • blog01

    お顔を触ろう トイプードル

    兄弟犬の龍ちゃんとモコちゃん(どちらもトイプードル)のクラスでは、 お顔を触ってもらう時間をたくさん作りました。 お母さんが龍ちゃんのあごの下を触っている間、娘さんがフードを あげています。 龍ちゃんが触られることを受け入れているので、タオルで口元を 拭いてみました。拭いた後にご褒美としてフードをあげます。 タオルを噛ませない様に短い時間にしておきましょうね。 口元が触れると歯磨きもできるようになってきます パピークラスでは子犬が歯磨きを好きになるように、 2ヶ月位かけて少しずつステップアップしながら練習を進めて いきます。 歯ブラシを持って「歯磨き」と言うと、龍ちゃんもモコちゃんも 自分から顔を近付けて来るようになりました 龍ちゃん  モコちゃん スムーズにお手入れができるようになるために、 ワンちゃんが嫌がらない方法を飼い主さんがマスターしましょう 遊びの時間では、スタッフ犬のふわり(ビションフリーゼ)も参加。 モコちゃんは前回より少し慣れて、ふわりに近付くことが できました

    2013.11.30

  • blog01

    問題行動予防法 トイプードル

    ワンちゃんの問題行動として“インターホンが鳴ると吠えること”を よく聞きます。 なぜ、ワンちゃんは吠えてしまうのでしょうか? 聞き慣れない音にビックリするから? 人が来たことに警戒しているから? 人が好きなワンちゃんは、嬉しくて吠えることもあるでしょう。 ワンちゃんは吠えることで何かを伝えようとしていますが、 あまりにも吠えてしまうことは困った行動になりますね。 今日のパピークラスに参加してくれたモッシュちゃん(トイプードル) とマロンちゃん(トイプードル)には、インターホンが鳴ったら マットの上でオスワリをするとゴホウビがもらえるというルールを 教えました。 飼い主さんのコッチコッチの誘導でマットに乗って、オスワリ。  →                                   (モッシュちゃん)  →                                  (マロンちゃん) 上手に出来たので褒めてもらえました 一度ついてしまったクセはなかなか取れないモノです。 困ったクセがついてしまう前に、良い行動をたくさん教えて あげましょう。 そうすることで、これから起こるかもしれない問題行動を 防ぐことができます

    2013.11.30

  • blog02

    しつけ教室が流行!?

    最近、ペットショップなどでも、犬のトレーナー(訓練士)さんが 主催するしつけ教室が増えてきました。 犬と長く楽しく暮らしていくために、このような教室は必要なものだと 思いますし、どんどん広まっていくことが望ましいのですが、 その『質』(内容)に関しては、今のところ『玉石混交』です。 良い教室も、そうでない教室もあるようです。 内容に関しては、実際に参加してみないと分からない、というのが 現実です。 当院では、10年ほど前から子犬のしつけ教室を開催しています。 動物行動学の専門医からアドバイスを受けつつ、現場での試行錯誤 を重ねながら獣医師と動物看護師が力を合わせて開催しています。 その子その子によって(同腹で生まれた子犬でも!!)性格の違い がありますし、それぞれの個性に合わせたクラスの内容を考える ところから準備がスタートします。 教室当日よりも事前の準備や打ち合わせに要する時間の方が 長いくらいです。 入室順や座席の位置にまで気を配り、しっかり目を 届かせられるように、少人数での開催、運営をしています。 結果、かなり密度の濃い教室になっていると思います。 ただし、生後4か月までの、散歩に出ていない子犬に 限りますので、ご注意ください。

    2013.11.30

  • blog02

    ペット保険詐欺事件について

    犬が病気であると知りながら、申込書に「病気なし」とウソの記載を した上で保険に加入させ、保険への加入が承認された後に病気の 診断・手術をしたように見せかけて、保険金をだまし取ったとされる 一件です。 私は11月20日の朝、ネットニュースで第一報を知りました。 その時は、まだ実名は出ていませんでしたが、その日の午後から 病院名や名前が公表され、翌日からはワイドショーなどでも 取り上げられる事態となりました。 逮捕された彼とは、勉強会で何度か顔を合わせたことがあります。 整形外科が得意で、紹介される難しい手術を引き受けたりしている とも聞いていました。 真面目に診療をしていると思っていた、その彼が・・・なぜ詐欺を?  という疑問は拭い切れません。 私たち獣医師の仕事には、確かな知識と技術に加えて、 順法精神や高い倫理観が求められます。 飼い主さんに対して虚偽申請をするように誘導し、保険会社から 保険金を搾取するように指南したとしたら、これは、許されることでは ありません。 また、今回の件では、『脱臼の整復手術』という表記がよく出て きますが、それで30万円とか40万円とか請求するというのも、 かなり強引な感じです。 整形外科の専門病院ならともかく、一般の病院ではちょっと考え られない金額です。 『この仕事に就いたのは、お金のためじゃないでしょ?  初心を思い出しましょうよ。』 もし彼に会うことがあったら、そんな言葉をかけたいと思っています。

    2013.11.29

  • blog02

    最近の若いニャンコは・・・

    りんちゃんは、生後6か月のメス猫です 今日は避妊手術で来院されました。 ご家族は、気づいていらっしゃらなかったのですが、 実は、りんちゃんはおなかまわりにかなり貫禄がついています オス(去勢手術)の場合はそうでもないのですが、 メス(避妊手術)の場合は、あまり太っていると手術がちょっと大変 です。皮下脂肪や内臓脂肪が多いと、手術の際に切開するおなかの キズが大きくなってしまいます。 以前は、そうでもなかったのですが、最近は若いニャンコで、 お腹まわりのふっくらした(しすぎた?)ネコが増えている気が します。キャットフードの質が良くなったせいでしょうか? 更に、避妊手術をした後は、どうしても太りやすい体質になって しまうので、若い頃から太り気味の子は、脂肪がどんどんついて しまうことが多いようです。手術後すぐから、低カロリーの食餌に 変更してもらうと将来の肥満症を防ぐことが出来るのですが・・・ りんちゃんには、カロリーを抑えたキャットフードを紹介して帰って いただきましたが、うまく食事の変更ができるでしょうか

    2013.11.28

  • blog02

    震災で消えた小さな命展~複製画展~のお知らせ(再)

    絵本作家のうささんが主催されている 『震災で消えた小さな命展』~複製画展~が 一昨日より始まりました。 下記の日程で開催されていますので、皆さん、是非お出かけ下さい。 明日は休診日なので、私もお邪魔しようと思っています 会期:11/25(月)~11/29(金) 時間:11/25(月)   13:00~18:00    11/26(火)、27(水)、28(木) 9:30~18:00    11/29(金)    9:30~16:00 会場:NHK京都放送局ハートプラザ内ギャラリー 住所:〒602-8501 京都市上京区智恵光院丸太町下ル主税町964 詳しくは、http://chiisanainochi.com/まで

    2013.11.27

  • blog02

    椎間板ヘルニアは・・・再発します。

    メルちゃんは、12歳のミニチュア・ダックスフント。 4年ほど前に、最初の椎間板ヘルニアを発症しました。 症状は重度で、後ろ足に全く力が入らずに、立つことが出来ない 状態でした その時は幸いにも投薬とレーザー治療に反応して、手術をせずに 快復してくれました 今回は、後ろ足に力が入りにくいということで来院されました。 確かに、後ろ足の感覚が低下して、『しびれた』状態になっています。 とりあえず歩行はできますので、レーザー治療と投薬で様子を 見ていただくことにしました 小次郎君は11歳のミニチュアダックスフント。 6年前に腰の椎間板ヘルニアを発症し、手術しました。 調子よくお散歩に行けるようになっていたのですが・・・ 今回は首の椎間板ヘルニアを発症して、強い痛みが出てきました。 鎮痛消炎剤の投薬で、少しずつ痛みを和らげる治療をしています ミニチュアダックスさんは、椎間板ヘルニアに悩む子がとても 多いのです。 症状が再発したり、違う場所が悪くなったりすることも多く、 生涯にわたって病気とうまく付き合っていくことが必要です オヤツを控えて体重を増やさないように・・・ しっかり運動をして筋肉を落とさないように・・・ ベッドやソファーに飛び乗ったり飛び降りたりしないように・・・ 毎日の生活の中で注意事項をしっかり守って生活をしていただき、 症状が出たら、早めに受診をしてくださいね

    2013.11.26

  • blog02

    ジャーキーやめてみませんか?

    ジャック君は元気なミニチュアピンシャー犬。 今までは病気らしい病気もせず、暮らしてきました。 14歳になった今もお散歩が大好きで、いつも町内を走り回って います。 先日、健康診断を兼ねて血液検査をしたところ、肝臓の数値が 軒並み高い!! 今のところ症状は何も出ていませんが、肝臓は『沈黙の臓器』とも 言われ、実際に症状が出たときには、重症化してしまっていることが 多いのです。 ジャック君も、1か月間肝臓治療薬を飲ませてもらいました。 加えて、ジャーキーを1か月間ストップ!! 結果、見事に肝臓の数値は正常範囲内におさまってくれました オヤツを与えないことは、日々の暮らしの中で楽しみが ひとつ減ってしまうような気がしますが、 ジャーキーを食べて具合の悪くなるケースをチョコチョコ見かけます。 ジャーキーだけがオヤツじゃない 他の物で代用しましょう 茹でた野菜はOKでしょうし、ビスケットくらいまでは 大丈夫ということにしましょう。 ワンコには、なるべく身体に悪い影響を与えないものを オヤツに選んであげてくださいね。 ちなみに、ウチの犬には長生きしてほしいので、 ジャーキーは与えていません あなたも、ジャーキーやめてみませんか?

    2013.11.25

  • blog02

    肺炎になっちゃった!!

    イヴちゃんは、8歳メスのジャックラッセルテリアです。 「咳が少し出て、何だか食欲が無いなぁ~」と自宅で様子を見ておられたのですが、夜になってから、見るからにしんどそうな様子になり、ご家族が心配になって、急遽夜間診療所を受診されました。『肺炎』と診断されて治療を受けられました。翌朝、当院へお越しになり、そのままICUでの入院となりました 急に気温が下がると、体調を崩して短期間で重度の肺炎にかかってしまうことがあります。これからの時期、高齢ワンコは要注意です イヴちゃんも、4日間の入院で、酸素吸入も不要になり、食欲も出てきたので本日無事退院となりました。肺炎が完全に治ったわけではないので、あとは自宅で飲み薬を続けてもらわなければいけませんが、比較的短い入院期間で退院できて良かったです  南京都夜間夜間診療所の先生方、お世話になりました

    2013.11.24

  • blog01

    オモチャを使ってオスワリ トイプードル ヨークシャテリア

    モコちゃん(トイプードル)と龍ちゃん(トイプードル)は 後半のクラスの「社会化」にも参加しました。 久しぶりに兄弟4頭全員が揃いました。 お顔を寄せ合ったり、お尻のニオイを嗅ぎあったりするのは、 子犬のうちに身につけておいて欲しい犬同士のあいさつの 方法です。 次に、オモチャを見上げてオスワリの練習。 ココちゃん(ヨークシャテリア) モッシュちゃん(トイプードル) マロンちゃん(トイプードル) 大好きなオモチャが早く欲しくて飛びついていたワンちゃんに、 「オスワリできたらオモチャをあげる」というルールを決めて接すると、 上手に座れるようになりました みんな、お行儀の良い写真が撮れました

    2013.11.23

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop