病院からのお知らせ

  • blog02

    外耳炎の治療

    ワンコでもニャンコでも外耳炎というのはよくある病気です。 その原因は、感染であったり、アレルギーであったり、 寄生虫であったりと様々ですが、 外耳道(耳の穴)に溜まった汚れをそのままにしておくと なかなか治りが悪いため、 汚れの量が多い場合は、外耳道を洗浄します。 耳の中を洗浄液でジャージャー洗うので、 初めてこの治療の仕方をご覧になると驚かれる方が多いの ですが、洗浄の仕方もいろいろ試行錯誤を重ねながら、 今の形に落ち着きました。 汚れを綿棒で取り除こうとしてこすりすぎると、 かえって炎症をひどくする可能性があります。 ご自宅でのお手入れの際にも、目で見える範囲の汚れだけを 取り除いていただき、くれぐれも「こすりすぎないように」 注意してくださいね。                                                

    2014.01.31

  • blog02

    前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)が切れています

    前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)の断裂 モカちゃんは、8歳のお誕生日を迎えたばかりの ちょっとポッチャリしたトイプードルの女の子 5日前、後ろ足で立ち上がってピョンピョン飛び跳ねていたときに 「キャン」と鳴いて、それっきり、右の後ろ足を挙げたままに なってしまいました。 「おすわり」はできるのですが、歩くときは足を挙げてしまいます。 今日治るか、明日は大丈夫じゃないか・・・とご自宅で様子を みておられたのですが、挙げた足を使って歩くことができない まま、今日、来院されました。 レントゲン検査で、膝蓋骨(ひざのお皿)が内側へずれている のが分かりましたが、それ以外は骨と関節に異常は無さそう です。しかし・・・ レントゲン検査で足の異常がすべて判るわけではなく、 モカちゃんのような症状の場合は、ちょっと特別な手技(検査)が 必要です。 「脛骨圧迫試験」(けいこつあっぱくしけん)と呼ばれる方法で 右の後ろ足を触診して、膝の関節が前後に大きく動揺することを 確認しました。 診断名は前十位靭帯断裂です。 ヒザの関節の中にある靭帯が切れているのです 受傷後すぐであれば確定しづらいのですが、5日経過しても 痛めた足を使わないことから、靭帯が断裂している可能性が 非常に高いケースです。 靭帯が切れている場合は、手術をしないと正常な歩行が できるようにはならないので、ご家族の同意をいただいて、 手術することになりました。 手術した場所が体に馴染むまで2~3か月かかりますが、 少しずつしっかりと歩くことが出来るようになるでしょう                 

    2014.01.29

  • blog02

    オス犬2頭の仲良し同居

    プー君はトイプードル、マロン君はヨークシャ・テリアの、 ともに1歳ちょっと過ぎのオス犬です 違う犬種のオス同士が同居しているケースというのは あまり多くありませんが、それぞれの個性が際立って、 毎日なかなか楽しそうです。 少し前から、マロン君が足を上げてオシッコをするようになり ました。しばらくすると、プー君も真似をして足を上げて オシッコをするようになりました。お家の中で 性成熟してくると、オス犬は自分をアピールするために 足を上げてオシッコをかけてまわることがあります。 不安感や不満感が原因の場合もあります。 今回は、2頭一緒に去勢手術を受けることになりました。 手術が終わって、麻酔が覚めた頃、プー君が寂しそうに ピーピーと鳴き始めました。程なく、マロンくんも同じように ピーピー鳴き始めました。2頭、同調してますね。 違う犬種なのに、そっくりな声で鳴くのにはビックリ!!  仲良しワンコは、いろいろ真似をするんですね。                      

    2014.01.28

  • blog02

    眼の横のできもの

     ミミちゃんは、13歳のビーグル犬。 いつも元気で陽気なワンコです。 以前から、眼の横に小さなイボがあったのですが、 それが弾けてジクジクしてきました。 ミミちゃんも後ろ足を使って掻いたり、 気にしている素振りがあり、出血もしています。 皮膚表面のデキモノは、急に大きくなったり、 出血したりしなければ、そのまま様子を見てもらうケースが 多いのですが、出血してしまうと、やはり手術した方が良いと 判断します。 ミミちゃんも、本日の午後から手術をすることになりました。 特に眼の近くなので、手術後のキズがきれいに治るように、 細心の注意を払いながら手術しないといけませんね。 今日も、頑張ろう!!                                        

    2014.01.27

  • blog02

    中村三之助(京都市議会議員)の報告会に行きましょう!!

    京都動物愛護センター(愛称:動物愛ランド・京都)の整備に 向けた中村三之助京都市議の海外行政調査個人報告会が 来る平成26年2月2日(日)午後2時から 御所西・京都平安ホテルにて開催されます。 (来週の日曜日です!!) 『昨年7月28日~8月5日実施の京都動物愛護センターの 整備に向けた海外行政調査で得られた知見、情報また 「人と動物が共生する街」に向けた考えをDVDを見て頂くなど 分かりやすくお話致します。』(広報チラシより抜粋) とのことですので、興味のある皆さん、是非ご参加ください。 参加費は無料です。

    2014.01.26

  • blog01

    散歩デビューに向けて ミニチュアシュナウザー

    今日はミロちゃん(ミニチュアシュナウザー)の パピークラス最終回です。 待合室に場所を変えても、今まで練習したことが パピールームと同じように出来るでしょうか? 家族で「オイデ」を順に呼んでもらうと、 一目散に呼ばれた所へ 顔の周りを触ったり、バンダナを通す練習は ちょっと戸惑いながら、頑張ることができました そして、お散歩デビューに向けての練習です。 ここでは、オモチャのダンベル(フード入り)が大活躍! 一緒に歩く時のゴホウビになったり、 イスの下にもぐり込んでしまった時、「もう一度頑張ろう!」と 出て来る動機づけになりました。          ⇓ 本番のお散歩に行く時にも、必ずオモチャとゴホウビの 食べ物を持って行って下さいね

    2014.01.25

  • blog01

    クレートやサークルに慣らすコツ ミニチュアダックス、柴犬、トイプードル、シーズー

    グリックくん(ミニチュアダックス)は初めて参加なので みんなが来る前にお部屋の中を探索させてあげました。 元気いっぱい走りまわって、用意してあるいろんな床材を 通過することはできましたが 箱で作ったトンネルやクレート(移動用のキャリー)に 自ら入ろうとはしませんでした。 そこで、クレートの中に一粒フードを入れておくと、 フードに気付いたグリックくんは覗いてから一歩踏み入れて くれました 最初はこんな簡単なことから慣らしてあげましょう。 慌てて扉を閉めないこともポイントです ワンちゃんが自分で喜んで入るようになると、お出かけの時にも すぐに入ってくれるので飼い主さんも助かります。 クレートと同様にサークルも上手に使い続けると、 とても便利なものです。 クラスでは子犬の時期だけでなく、 成犬になっても使うメリットをお話ししています。 そして、ワンちゃん自身がサークルにいることが好きになって くれる方法や出し入れのコツを体験してもらいます。 おうちでも是非実践してくださいね。 サークルの中で楽しく遊ぶ寛太くん(柴犬) 飼い主さんの指示で                    サークルに入っていく小太郎くん(トイプードル) パピークラスでは物に慣らすことも何度も体験して もらいます。 初めは大丈夫でもしばらくすると苦手になっていることも あるので、慣れさせ続けることが大切です。 クラスに何回も参加してもらい、飼い主さんがワンちゃんの 成長やワンちゃんの気持ちの表現の仕方をを理解されると、 その子に合った慣らし方ができるようになります。 お散歩デビューまでにおうちの中でも物に慣れる体験を たくさん作ってあげましょう。 チョコちゃん(シーズー)はレジャーシートや風船、人工芝、 ほうき等々にどんな反応をするかな?飼い主さんと一緒に 確認中です。 いろんなことを体験して1時間のクラスが終わるころには 少し疲れてしまう子犬がいます。 パピークラスに参加した日は帰宅後ゆっくり寝かしてあげ ましょう。 練習は翌日からにしましょうね

    2014.01.25

  • blog02

    腹水が溜まるワンコ

    アトムくんはもうすぐ13歳になるテリア系のミックス犬です 比較的若い頃から心臓に雑音があり、 数年前から心臓の治療薬を飲んでいます。 最近は、更に心臓の働きが悪くなり、腹水が溜まるように なってきました。 お腹の張り具合をみながら定期的に腹水を抜いています 今日もお腹がパンパンに膨らんでしまったので、 腹水を抜くことになりました。 呼吸が苦しくならないように、酸素吸入をしながらの処置です。 いつも嫌がることなく、処置が終わるまで じっとしてくれているアトムくん。 処置の後には楽になることが分かっているのかな・・・ 処置前の体重6.3kg → 処置後の体重5.3kg と、 小さい体で1キロ分も腹水を貯めていたんですね。 こりゃ、重かったでしょうね、しんどかったでしょうね。 帰り際には爪切りもしましたが、その時には「ガルッ」と 怒ることが出来るくらいの元気さが戻っていました。 ちょっと嬉しい反応でした

    2014.01.25

  • blog02

    マイクロチップの普及

     当院では、マイクロチップを積極的に進めています (ひょっとしたら、京都で一番熱心かもしれません・・・) 「首輪に名札をつけてあるから大丈夫!!」 とおっしゃる方もありますが、 散歩の途中で首輪がスポンと抜けてしまって 迷子になった時には、困りますよね また、名札が古くなって、書いてある字が読めなくなって しまっていたり、 「名前だけ」しか書いてなければ、飼い主に連絡することが できません。 どんな時にも、絶対に壊れたり外れたりしない身元保証書と してのマイクロチップはとても有用なものだと考えています。 手術をするワンコ&ニャンコにマイクロチップを薦めることが多い のですが、今日、手術するアメリカンショートヘアの田吾作くんも、 ミニチュアダックスのリズムちゃんも、 すでにマイクロチップが入っています!!  マイクロチップがどんどん普及していると実感できると、 ちょっと嬉しくなります。 もしもの時のために、マイクロチップ、ぜひお勧めします

    2014.01.24

  • blog02

    茶トラの猫は・・・

    日本猫の体色は、白、黒、茶が基本です。 真っ白なニャンコもいれば、真っ黒なコもいます。 斑があったり、縞があったり、眺めているだけで、 楽しくなりますね 「三毛猫はメスが基本で、オスの三毛猫は超レア!!」 というのはよく知られているところですが、 私個人的には、 「茶トラ猫は必ずオスで、茶トラのメス猫はいない」 と思っていました。 が・・・ この年になって、それは間違いだったということが判りました。 先日避妊手術に連れて来られた茶々ちゃんは、 きれいな茶トラのメスでした。 茶トラのメス猫もいるんですねっ いやぁ~ 思い込みって怖いなぁ~と改めて感じた次第です。                                            

    2014.01.22

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop