パピークラス(しつけ教室)日記

  • blog01

    歯磨きのファーストステップ

    グループレッスンに初参加のコロンくん(トイプードル)。 初めて来た場所でも「オイデ」ができました       ワンちゃんが8歳くらいになると「お口が臭いんです。」 「目の下が腫れてきました。」と言って来院されるが増えてきます。 お口の中を見てみると、そのほとんどは歯石がたくさん付いて 歯周病 になっています こうなると全身麻酔をかけて歯石を削ったり、 グラグラになった歯を抜かなければなりません。 治療してもその後の歯磨きができないと、 また数か月で歯石が付き始めてしまいます・・・。 いつまでも健康な歯を保つためには歯磨きが必要です 食欲旺盛な子犬の時期にフードを使って 歯磨きの練習を始めましょう♪ まずは「歯磨き」と声をかけて、フードを食べさせながら 口の周りを触ることから始めます。 しっぽをブンブンふりながら嬉しそうに口の周りを触ってもらう レオくん(ラブラドールレトリバー) 首を伸ばして口を触ってもらいにきているシナモンちゃん(トイプードル) 飼い主さんの足元でじっとしてお口を触ってもらう プリンちゃん(トイプードル) みんなお口のあたりを触ってもらうことを喜んでいました 今週の宿題は歯ブラシを持って「歯磨き」と声をかけると ワンちゃんが嬉しそうに寄ってくるようにすることです。 無理やり捕まえて歯磨きしようとすると、歯ブラシを見せただけで 逃げるようになってしまいます。 そうならないように歯磨きのファーストステップを丁寧に していきましょう

    2014.11.29

  • blog01

    活発な子犬の飛びつきと甘咬み

    ショコラちゃんは3ヵ月齢、体重1.25kgと小さなトイプードルですが、 とってもパワフル! 明るい性格過ぎて、飛びつきと甘咬みがお悩みの プライベートレッスンでした。 飛びつかないように、甘咬みしないように教えることは大切ですが、 犬に「○○しないように!」と教えるのは難しいです。 「○○したら叱られる・・・でも、やりたい!どうすればいいの!?」と ワンちゃんは困ってしまいます。 これを解決するためには、サークルやオモチャなどの道具と、 ゴホウビとなるフードやオモチャのあげ方がポイントになります。 「○○しないように」のトレーニングよりも、それをする暇がないほど ワンちゃんを楽しく・忙しくさせてあげましょう。 ショコラちゃんはオモチャに夢中★ 呼ばれたら行かなくちゃ     行ったらフードが貰えます       そして、オモチャをもらうには「オスワリ」 初めは一瞬でも座ったら褒めてあげましょうね♪ きっと一週間後には飛びつきと甘咬みは減ってくることでしょう

    2014.11.26

  • blog01

    遊びのためだけじゃないオモチャ

    パピークラスではサークルに入ったり クレートに入ったり 一緒に歩く練習の時にオモチャを使っています。 フードを入れられるタイプや音の出るタイプなど、ワンちゃんの 好みと目的に合わせて使うオモチャは変わってきます。 コロンくん (トイプードル)はおうちのリビングに似たパピールーム ではゴキゲンに走り回っていましたが、少し暗い廊下に出ることは 怖かったようです。 オモチャの助けを借りて・・・ この後ろ肢に注目!! ちょっと怖いけど、頑張っている姿です! 幼い時期に頑張って克服する経験を積むと、 気持ちが安定した犬に育ちます♪ 怖がらせないように気を付けながら挑戦させて、 子犬の能力を引き出してあげましょう おうちでうまく出来ない時は、プライベートレッスンをご予約くださいね。 その子犬に会った方法を選んでお伝えします。

    2014.11.25

  • blog01

    家族全員で子犬を育てよう!

    ナナちゃん(トイプードル)は、おばあさまご夫婦お二人と暮らして います。 週末にはお孫さんが、おばあさまの家に遊びに行かれます。 ナナちゃんはお孫さんにすっかり懐いていて、今日はお孫さんも 一緒にプライベートレッスンに参加して下さいました。 子犬育てはみなさんで協力していただけると、楽しく、うまくいきます それぞれの得意分野を担当されてもいいですね オススメは遊びやトレーニングを子どもさんに、 身体を触ったりマッサージしたりするのを大人の女性が中心に なっていただくことです。 今日はお孫さんにボール遊びと オスワリと 一緒にいろんな場所を歩くことをしてもらいました。 そして、おばあさまには抱っこしてマッサージを練習していただきました。 上手になってきたら、役割交代をしてみんなが出来るようにして いきましょう 子犬を育む上で、ご家族が更に仲良くなられることは素晴らしい ですね

    2014.11.22

  • blog01

    褒めるしつけのコツ

    パピークラスでは”褒めるしつけ”を基本にしています。 「イタズラばかりして褒められることがない!」と 困られる飼い主さんもいらっしゃいますが、 ちょっとした工夫でワンちゃんをたくさん褒めてあげられるように なります。 それは“首輪とリードを使うこと”です。 パピークラスではワンちゃんに付けたリードを飼い主さんに 踏んでもらい、 動ける範囲を制限して”褒める時間”を作っています。 プリンちゃん(トイプードル)は周りが気になっていましたが、 「引っ張っても行けない」と諦めて飼い主さんの方に戻って来ました。 ここで褒めてあげましょう!! リードで行動範囲を制限するとワンちゃんのイタズラが減り、 また飼い主さんの近くにいるので良い行動をすぐに褒めてあげる ことができます。 是非、おうちでも”褒める時間”を作ってみて下さい♪ ナイトくん(トイプードル) 今日、初めてパピークラスに参加してくれた シナモンちゃん(トイプードル)。 体は小さいけれど、とって活発です! モカちゃん(ミニチュアダックス)がシナモンちゃん を 怖がらせないように、体を低くして挨拶に行きました。 初めて会うワンちゃんに少しビックリしたシナモンちゃんですが、 これから仲良くなっていけるといいですね

    2014.11.22

  • blog01

    トイプードルのブラッシング

    今日のパピークラスにはトイプードルの子犬が3頭来てくれました。 トイプードルは可愛らしい外見と人懐こい性格が人気の犬種です。 また、毛が抜けないということからトイプードルを選ばれる飼い主 さんも多いです。 ワクチンプログラムが終わるまで、トリミングに行くことを控えて もらっているので、子犬のフワフワの毛はどんどん伸びていきます。           桃ちゃん 柔らかいクセ毛がもつれて毛玉にならないように、ブラッシングを してあげましょう。 よく動く子犬にじっとしてもらうためには、食べ物を入れられる オモチャを使ってブラッシングします。      ナイトくん まずは、ブラシに慣らすことから始めて、段々全身をとけるように していきましょう!      プリンちゃん 上手にお手入れをしてあげるためには、 適切な道具と飼い主さんのスキルが必要になります! 最初はうまくいかなくても、練習すると上手にお手入れ できるようになってくるので毎日の習慣にしていきましょう 今日のクラスでは、飼い主さん以外の人と触れ合ったり、 他のワンちゃんと挨拶することもできました。 同じ犬種でもそれぞれに個性があり、とても楽しい時間に なりました      桃ちゃん                  ナイトくん と プリンちゃん

    2014.11.15

  • blog01

    パピークラス12年目

    初めてパピークラスを開催したのは2003年11月1日。 今月で12年目を迎えることが出来ました! 嬉しいことに子犬を連れて来院してくださる方が年々増えています パピークラスに参加された飼い主さんがお友達を紹介してくださったり、 パピークラスを開催している病院を探し、当院のウェブサイトを 見て来て下さる方など、 特にこの1カ月は新しい飼い主さん・ワンちゃんとの出会いが 多くありました。 数えてみると、なんと18頭 (ちなみに犬種別ではトイプードル9頭、ミニチュアダックス3頭、   キャバリア、フレンチブルドッグ、チワワ、ポメラニアン、柴犬、   ミックス犬各1頭ずつでした。) そのうち、今週のパピークラスとプライベートレッスンには4頭の ワンちゃんが参加してくださいました。 花ちゃん(トイプードル) モカちゃん(ミニチュアダックス) ナイトくん(トイプードル) さやちゃん(チワワ) 飼い主さんの不安や困ったことを解決して、 人も犬も幸せに暮らすためのしつけをお手伝いしますので、 些細なことでも相談して下さいね 来週は新しい飼い主さんとワンちゃんも参加してくださる予定です。 12年目のパピークラスも充実したものになるよう、 スタッフ一同 頑張っていきます

    2014.11.08

  • blog02

    11月9日は、臨時休診します。

    以前よりお伝えしていますように、 11月9日(日)は動物感謝デーinKYOTO開催のため、 当院は臨時休診させていただきます。 私たちは1階の受付と3階の教室で 運営のお手伝いをしています。 皆様、ぜひお越しください。

    2014.11.06

  • blog01

    楽しくトレーニング

    桃ちゃん(トイプードル)は3回目の参加で今日も元気いっぱいです 前回のレッスンで、しゃがんだ飼い主さんのひざの下にフードで 誘導してフセができました。 今回はレベルをあげて、フードを持った手の誘導だけで フセができるように練習しました。 飼い主さんの顔をしっかり見てオスワリする桃ちゃん、 やる気充分です それではフードを持った手の誘導だけでやってみましょう。 お腹をぴったり床につけてきれいにフセができました オスワリすることは良いことだと理解している桃ちゃんに、 マットの上でもオスワリすることを教えました。 ワンちゃんが落ち着いて座っていられる専用マットを用意して、 ドッグカフェなど外にお出かけする時に持って行けば、そこで くつろぐことができるようになります。 桃ちゃんはクレートに入ることが苦手ということなので、 クレートの中にタオルをしいてみました。 すると、中の居心地がよくなりクレートの中でオモチャを持って 噛むくらいリラックスすることができました。 旅行や長時間の外出にはマットだけでなく、クレートがくつろぎの 空間になっていれば飼い主さんと楽しく過ごせます。 仔犬はいろんなことを「知らない」だけで、体験させてあげれば 出来るようになる可能性を持っています。 その能力を伸ばせるよう手伝い、出来た時に一緒に喜ぶことで、 ワンちゃんと良い関係ができます

    2014.11.04

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop