パピークラス(しつけ教室)日記

  • blog01

    お手入れと「マット」の練習

    今日はお散歩デビューが間近な3頭が参加して下さいました。 お散歩から帰ってきたらワンちゃんの肢先を洗ったり、拭いたり しますよね 床にワンちゃんを座らせて拭いたり、抱っこして洗ったり拭いたり するなど、飼い主さんとワンちゃんがやりやすい方法を見つけ ましょう タオルを咬んでしまう子犬はフード入りのオモチャを利用したり、 ご家族で役割分担なさって、ワンちゃんがタオルを気にしない 工夫をしてください 大人しく拭かせてくれるワンちゃんも、最後にゴホウビとして フードを一粒あげることでワンちゃんが肢拭きをもっと好きに なってくれます     あずきちゃん(トイプードル)は抱っこで肢拭き 永久歯に生え換わるころには、歯磨きもできるように なりましょう パピークラスではゴホウビを使いながら、口を触らせてくれる ようになる練習をしています。 ワンちゃんを抱っこする人と口を触る人で役割分担をすると 練習しやすいです ご夫婦で協力しながら口を触る練習をするくろちゃん(チワワ) マットの上に乗る練習。 コッチコッチの誘導でワンちゃんをマットに誘導して、ゴホウビを あげることを繰り返すとワンちゃんは自分からマットに乗るように なってきます。 乗りそうな時に「マット」と声をかけると言葉の指示でも 乗れるようにもなります 「マット」の指示を教えると、いつものマットを持ち運べば 外出先でもワンちゃんが落ち着ける場所を作ることができます 応用してインターホンが鳴った時の吠え防止に、マットの上で 待たせる練習もしてみましょう マットでお利口にオスワリして待っているチョコくん(トイプードル) パピークラスでお伝えしたことはしつけの第一歩に過ぎません。 ゴホウビのフードを見せながらやっていた「オスワリ」も 言葉や手の指示だけでできるように練習していきましょう。 お手入れもはじめに食べ物を使って良い印象を持たせると、 ワンちゃんが嫌がることはありません。 1歳になるまでのワンちゃんの成長に合わせて しつけのレベルアップを目指しましょう

    2014.08.30

  • blog01

    サークルが苦手な子犬のプライベートレッスン

    プライベートレッスンに参加してくださったモコちゃん(トイプードル) は、おうちでサークルを使われています。 お留守番や寝る時にはおとなしく入るのですが、 遊んだ後にサークルに入ることが苦手とのこと。 オモチャを使ってサークルに戻しても、 オモチャをくわえてすぐに出てきてしまうそうです。 子犬がサークルから出たままになっていると、 目を放した時に何かかじってしまったりトイレを失敗してしまう ことがあります。 「落ち着いて入っていてくれるようにならないかなぁ」という ご相談でした。 サークルに戻す時にはワンちゃんが集中して遊べる”フードを 入れられるオモチャ”を使いましょう モコちゃん は、2つのオモチャが気に入った様子。 くわえて持ち出せないようにサークルに挟んでおくと・・・ モコちゃん は自分からサークルに入ってペロペロなめ続けて くれました。 遊びの最後にだけサークルに戻していると サークルに入る=人との遊びが終わる=ひとりぼっちになる (留守番や就寝)と考えるようになり、入りたがらなくなってしまします。 そうならない様に、人と遊んでいる途中に何回もサークルの 出入りをさせましょう。 一旦サークルに入れて数分オモチャで遊んだら出してあげます そして出す時には必ずオスワリさせてから。 扉が開くまできちんとオスワリして待つことができるモコちゃん 出る時のルールはばっちりできているのでサークルに戻す練習を頑張ってくださいね。 子犬をサークルに慣らす時に大切なのはオモチャです。 「どんなものを揃えたらいいの?」 「買ったけど、ワンちゃんが遊んでくれない。」 「お店に売っているのを見ただけでは使い方がわからなかった。」等々 そんな場合はご相談ください。具体的にアドバイスさせて頂きます。

    2014.08.25

  • blog01

    ワンちゃんのレベルに合わせたパピークラス

    パピークラスをする前には、必ずスタッフ全員でミーティングをして プランを立てます。 今回はバンダナをつける課題では、レベルの高いことが 期待できるメンバーだと判断しました! バンダナを無理に付けるのではなく、ワンちゃんが喜んで付けて もらいに来るようにすることはいつもと同じです。 今回はバンダナを付けてからマットの上に移動して、 そこでオスワリをしてもらいます じっくり座っていたら写真撮影です みんな課題をクリアできました      あずきちゃん(トイプードル)      チョコくん(トイプードル)      くろちゃん(チワワ) 今日はくろちゃんの家族の幼児さんが、『静かにじっと座っている』 というお約束を守ってクラスに参加してくださいました お母さんがくろちゃんを抱っこしている時は、 フード入りコングを持って手伝ってくれました ワンちゃんを囲んでご家族で協力して下さると、 子どもさんもきっと健やかに成長していかれることでしょう

    2014.08.23

  • blog01

    遊びを通して信頼されるリーダーになろう

    今日はリン太郎くん(柴犬)がプライベートレッスンに来て下さいました。 飼い主さんは元気いっぱいなリン太郎くんを どうやってしつけたらいいのか、少し困っていらっしゃいました。 様子を見ていると、オモチャが大好きな様子。 飛びついてオモチャを取ろうとしています。 でも、オモチャを奪われてはいけません! 飛びつき癖や奪うとる癖がついてしまいます。 遊び始める時には、すぐにはオモチャをあげないで オスワリの指示を出します。 ちゃんと座れたら褒めてオモチャをあげましょう!! リン太郎くん はオスワリしたゴホウビに 欲しかったオモチャを貰って、真剣に遊んでいました。 ワンちゃんのしつけをする時に 「人の言うことを聞かせないといけない」と 頑張られる飼い主さんがいらっしゃいますが、 それではワンちゃんと本当の信頼関係は築けません。 ワンちゃんが飼い主さんに指示されたことを出来た時に、 笑顔で褒めてから楽しいこと・嬉しいことをしてあげましょう! そうすると、ワンちゃんは飼い主さんのことが大好きになり、 どんどん言われたことをしたくなります。 “指示に従わせるリーダー”ではなく、ワンちゃんが喜んで 飼い主さんの言うことを聞きたくなる関係を目指して下さい

    2014.08.20

  • blog01

    お散歩について

    今日は1階でお散歩デビュー間近のワンちゃんを対象にした パピークラスも開催しました。 お散歩に出る準備としてリードの持ち方や並んで歩く方法を 練習したり、ワンちゃんと出会った時に穏やかに挨拶するコツも お伝えしました。 お散歩では、パピークラスのようにワンちゃん同士をその場で 遊ばせるわけではないので、顔を近づけて挨拶できたら 犬が苦手なワンちゃんは怖がらせないように、 犬が好きなワンちゃんは興奮させすぎないように、 どのタイミングで会わせて、いつ引き離すかは飼い主さんが しっかり考えてあげましょう シロちゃん(ラブラドール)とまるちゃん(キャバリア) まるちゃん は体の大きなシロちゃん に対して少し腰がひけて いますが、頑張って自分から挨拶に行っています。 「いい子ね~」と褒めてあげましょう シロちゃん も落ち着いてニオイをかいでくれています。 これぐらいでオシマイにしておくと、次回もまるちゃんは 挨拶に行こうとしてくれるでしょう。 シロちゃん とふわり (ビションフリーゼ) 時々登場するスタッフ犬ふわりは成犬です。 お散歩では自分よりも年上のワンちゃんに会うことになるので 体験してもらいました だいずくん(トイプードル)とふわり   だいずくん は犬が大好きなので追いかけたり、 いきなり飛びついて乗ろうとしてしまいますが、 先輩犬のふわりはそれに対して「ヤメナサイ!」と 声とボディーランゲージで示しました。 その意味を読み取っただいずくんはじっと伏せて相手の様子を 伺うことができました この体験がはだいずくんにとってとても意味のあることです 暑い時期なので散歩に行ける時間は限られていますが、 継続した社会化のためにも頑張って早起きして行って あげましょう

    2014.08.16

  • blog01

    子犬のトレーニング

    今日は5頭のワンちゃんがパピークラスに参加して下さいました。 参加者がたくさん集まると、子犬が周りのモノや音に興味を 持つため気が散ることもありますが、そんな賑やかな環境でも トレーニングの時間を取っています。 飼い主さんが声や食べ物で上手にワンちゃんを集中させて くださいました!! チョコくん(トイプードル)     リタくん(ミニチュアシュナウザー)   飼い主さんに近付きたくて立ちあがってしまうくろちゃん(チワワ)は、 リードを踏んでオスワリの練習です。 人が好きで、スタッフが近付くと飛びついてしまう癖があった あずきちゃん(トイプードル)。 飛びつかせない練習をすると、カメラを持ったスタッフが傍に 行っても落ち着いていることができました とみちゃん(チワワ)はフセに挑戦!! フセの姿勢になりやすいように足くぐりから始めました。 次はハンドサインでフセが出来ることを目指しましょう トレーニングはワンちゃんも飼い主さんも楽しく行うことが 成功への秘訣です

    2014.08.16

  • blog02

    帰省先で病気になってしまいました。

    マリリンちゃんは、9歳のフレンチブルドッグ。 小さい頃は当院に通ってくれていたのですが、 飼い主さんが結婚され、遠方へ引っ越しされました。 それ以来、地元の病院へ通っておられたのですが、 今日は、実家へ里帰り。 食欲が無いとのことで久しぶりに来院されました。 5年ぶりの再会です。 よくよく話を聞いてみると、2週間前から元気・食欲がなくなって きているとのこと 食べていない割にはお腹が大きいような・・・ 検査の結果、子宮蓄膿症と診断しました。 この病気は、何度かこのブログにも登場していますが、 できるだけ早く手術をすることが必要な病気です。 そして術後もしばらく入院が必要です 「帰省はいつまで?」 「18日までこちらに居ます」 ・・・1週間あれば、きっと大丈夫です ということで、本日無事手術をさせていただきました。 今はスヤスヤお休み中です。 2~3日入院治療をして、あとは通院に切り替えていきましょう。 5年ぶりの再会が、エライことになってしまいましたが、 手術をしてお腹はスッキリ 元気になって帰ろうね

    2014.08.12

  • blog02

    今週も、通常通り診療しています。

    台風一過、お盆休みと夏休みを満喫されている方も多いかと思います。 当院では、この夏は臨時休診日(お盆休み)は設けておりません。 通常通り診察をしております。 14日(木)は定休日ですので、間違って来院されませんように ご注意ください。

    2014.08.12

  • blog01

    お手入れに慣らすには

    今日はくろちゃん(チワワ)とシロちゃん(ラブラドール)が パピークラスに初めて参加して下さいました。 おうちではヤンチャだというくろちゃんですが、 お耳が下がって伏せ目がちの堅い表情です。 飼い主さんに抱っこしてもらっていると緊張がほぐれて 優しい表情に変わり、他の参加者から食べ物をもらうことが できました シロちゃん は事前に受けられたプライベートレッスンで練習した オスワリが出来ました! 人が近付いて来て、はしゃぎたくても我慢してオスワリ。 とってもお利口さん 笑っている表情が可愛いですね パピークラスでは飼い主さん以外の人がワンちゃんと触れ合う時、 それぞれのワンちゃんの性格を考えて接し方を変えてもらっています。 また、プライベートレッスンでの予習が大切になることもあります。 今日はフードを使って体を触る練習もしました。 活発な子犬の目ヤニを拭いたり、ブラッシングをする時に 「じっとしなさい!」と言ってもわかってはくれません。 無理矢理するともっと嫌がってしまうことも・・・。 フードを使うと、食べている間はじっとできるし、 大好きな食べることと一緒にされるお手入れなら 受け入れやすくなります。 食欲旺盛な子犬のうちに、顔・耳・肢・お腹など全身を触るように しましょう   チョコくん(トイプードル)      だいずくん(トイプードル)

    2014.08.09

  • blog02

    先日の勉強会で

    日々変化する動物医療に関する最新の情報を得るために、 定期的に講習会に出席するのはとても大事なことだと考えています。 先日は、血液学の中でも凝固(出血した時に血液がちゃんと 固まること)に関する勉強会でした。 当院では、去勢手術や避妊手術も含め、年間300件ほどの 手術を行っていますが、今のところ、「出血が止まらずに困った」 というような経験はしていません。 しかし、いつそのような場面に遭遇しても不思議ではないという 講師の先生の説明を聞いて、当院でも安全を期して、手術の 前には血液凝固検査をすることを検討し始めました。 手術前にすぐに検査ができるよう専用の機械を導入するのです が、まずはメーカーさんにお願いして、試験的に機械を設置 してもらい、測定を始めることにしました。

    2014.08.06

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop