パピークラス(しつけ教室)日記

  • blog01

    コリーの子犬

    睦月ちゃん はコリーの子犬です。 現在2か月令ですが、既に小さめのシエルティーぐらいの シルエットです。 今日は初めてのパピークラスでしたが、チワワちゃん達とは あまりに体格と勢いが違うので、クラスを分けて1頭でのクラスと なりました。 牧羊犬らしい探索意欲で部屋中を確認し、 美味しいフードの匂いに敏感な睦月ちゃん。 音馴らしのための音響CDのボリュームを上げても 動じることなく、マイペースです。 知的ゲームが大好きで、号令をかけなくても落ち付いて 自分から座わることができました その状況判断と集中力は飛びぬけています。 さすが、羊の群れを束ねる作業犬の素質が見えますね   遊びになると、活発で飼い主さんのズボンの裾を咬んで 引っ張ろうとするので、それを叱るよりもオモチャで遊ばせる ことを提案しました。 けれどもオモチャには興味が無いそうです いつも使われているオモチャは、睦月ちゃん と一緒に飼って おられるゴールデンレトリバーの成犬が遊んでいる物でした。 飼い主さんもお気付きのように大き過ぎるようです・・・。 教室にたくさんあるオモチャを試してみると、好みを発見 体格に似合わず、柔らかい物がお気に入り 小型犬が好むようなかなりフニャフニャしたゴムのもので 遊ぶことが判明しました。 そして、不規則な動きをしたり、少し高めの音の鳴るオモチャ にも反応が良かったです まずはワンちゃんの好みを知り、それから色々なオモチャで 遊べるようにしていきましょう。 破壊したり飲み込んだりしないよう安全な物を使ってくださいね オモチャが好きになると飼い主さんの身体や衣服を咬むことが 減り、オモチャを使って一緒に遊ぶことができますね。 パピークラスでは犬種の特性を活かし個体の好みを探りながら、 楽しく関わる方法を飼い主さんと一緒に考えていきます。

    2015.03.28

  • blog01

    チワワの兄妹、姉妹

    今日も兄妹で仲良く参加のこたろうくんといろはちゃんは 最初のクラスでは一緒にいないと落ち着かない様子でしたが、 少しずつ離れても大丈夫になってきたので、 お互いが見えないところでトレーニングをしました。 足の下をくぐることから「ふせ」の練習を始めているいろはちゃん 人と並んで歩く練習中のこたろうくん それぞれ得意なことから練習して出来ることを増やして いきましょう 今日はもう一組チワワの姉妹のまりこちゃん(左)と めぐみちゃん(右)が参加し下さいました。 初めての場所は、やはり2頭一緒に動いて探索して いましたね。 めぐみちゃん はコッチコッチと手で誘導すると ダンボール箱で作ったトンネルを通ることができました。 それを見ていたまりこちゃんも 後からマネして入れました~(^_^)v ワンちゃんは見たことをマネして学習することもできるんですよ これからもワンちゃん同士仲良く、そして飼い主さんとも 絆を深めながら生活してください

    2015.03.28

  • blog01

    子犬の性格

    いろはちゃん(チワワ・手前)とこたろうくん(チワワ・奥)は 兄弟でおうちにやってきました。 生まれた時からずっと一緒なので、お互いの姿が見えないと 不安になってキューキュー鼻をならして呼んでしまいます。 これからも一緒に暮らしていきますが、 いつでもどこでも一緒にはいれない時もあります。 そんな時に相手がいないことがストレスにならないように、 一頭でいることも経験させてあげましょう。 同じ親から生まれても子犬の性格は違います。 クラスではその子の個性に合わせて物や音に慣らす方法を お伝えしています。 今日のクラスでは、傘をさした人とキャスター付きのバッグを 動かす人と初対面!   ユウスケくん(チワワ)はゴロゴロと音を立てるバッグにビックリ! でも、すかさず飼い主さんがフードをあげてくださったので、 気持ちを切り替えることができました 遊びの時間では、前回は離れたところから見ているだけだった いろはちゃんも積極的に前に出てきて挨拶できるように なりましたね

    2015.03.21

  • blog01

    甘咬みしない犬に育てよう

    子犬の飼い主さんには、首輪やリードをつける時や抱っこ する時に手を咬まれてしまうとお悩みの方がいらっしゃいます。 クラスでは咬まれない触り方と、ワンちゃんが体を触られることが 好きになるフードの使い方をマスターしていただきます ユウスケくん (チワワ)は、クラスの参加回数が増すにつれ、 落ち着いて抱っこできる時間が増えましたね。 一方で、咬みたいという子犬の気持ちも満たしてあげないと 甘咬みはなかなかおさまりません。 咬みたい気持ちはオモチャでの遊びに変えてしまいましょう どんなオモチャがご自分のワンちゃんに合っているのか パピークラスではいろいろなオモチャを試すこともできます。 ユウスケくん は、頑丈なゴム製のダンベル型オモチャが 好みのようです。 口と手を器用に使って、咬んだりくわえたりして遊んでいました。 しばらくしてオモチャを片付けましたが、 まだ遊びたいユウスケくん はオモチャを持つ飼い主さんを見て ピョンピョン跳んでいました。 飼い主さんには、ユウスケくん が座るまで オモチャをあげないようにお伝えしています。 やがて、オスワリできたのでゴホウビとしてオモチャを貰えました 先週からはじめているオスワリの練習が役立つ場面です。 オスワリするといいことがある! という経験をたくさんさせてあげてくださいね。 触り方、オモチャ、オスワリ練習の3つで 子犬の甘咬みは減っていきますよ

    2015.03.14

  • blog01

    犬同士の遊びの時間

    今日のパピークラスにはチワワの子犬が集まりました。 参加2回目のユウスケくん こたろうくんといろはちゃんは兄弟でおうちに迎えられました。 遊びの時間では一歩下がって様子をうかがういろはちゃんと対照的に、 こたろうくん は積極的にユウスケくん と遊ぼうとします。 相手を驚かさないように姿勢を低くしています。 次はユウスケくん がプレイバウ(おじぎの格好)で こたろうくんを遊びに誘います。 犬同士の追いかけっこ遊びでは、”追う・追われる”が 交互に出来ることが理想的です。 この間、慣れない状況に緊張していたいろはちゃんの近くに フードを入れたオモチャを置くと、興味を示しました 社会化期には不安な気持ちをほぐす道具がとても大事な 役割を果たします 遊びの時間の目的はワンちゃん同士の交流だけではありません。 遊びたがる子は興奮しすぎないで相手のボディーランゲージを 読みとれるように、怖がりな子は他のワンちゃんがいても リラックスできるように 同じ犬種そして兄弟でもそれぞれ性格は違いますが、 どの子も楽しい時間を過ごせることを目指しています

    2015.03.07

  • blog01

    興奮性の高い犬種

    今日は空太郎くん(ブルドッグ)のプライベートレッスンがありました。 お顔も体型も可愛らしいブルドッグは興奮性の高い犬種でもあります。 おうちでは咬んでばかりでなかなか遊べないというご相談でした。 身体が大きい分、動きはゆったりしていますが、 レッスン中も興奮してくるとパクッと素早くオモチャや手を咬もうとします。 攻撃ではなく遊びたいという気持ちで咬んでいるようです。 人に甘咬みした時は、続けて遊んであげないということを伝えます。 はっきりとした声で一言だけ「ダメ」と言う、 咬まれたら動きをピタッと止める、 この二つを意識して行うとワンちゃんに伝わりやすいです! また、咬みたい気持ちをあおらないように人が振るまうことも大切です。 そして、空太郎くん の咬みたい気持ちを満足させるためには 咬んでもよいオモチャを与えてしっかり遊ばせてあげましょうね。 どんなワンちゃんにもオスワリやマテの練習は必要ですが 興奮性の高い犬種はさらにしっかりと練習しておきましょう。 オスワリはすでに上手に出来るようになっていたので、 「マテ」の練習をしました。 「ヨシ」と言われるまでじっとしている時間を少しずつ延ばせそうですね マットを敷いてその上でオスワリさせることも、落ち着かせるには良い方法です。 毎日の練習で、ワンちゃんが自らマットでくつろぐようになりますよ。 最後はサークルに入る練習。 今まで抱っこしてサークルに戻されていたので、 サークルに少し警戒心があった空太郎くん ですが 今日使ったオモチャやマットなどをサークルに入れておくと 自分から入ってくれました ちょうど喉も乾いてお水も飲みたかったね。 サークルは閉じ込める場所ではなく、 ワンちゃんが安心して楽しく居られる場所として 利用できるようにしてあげましょう。

    2015.03.06

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop